製作事例・アイディア集

特仕様コンベヤ - 「スパイラル昇降連続搬送コンベヤ」

用途

スパイラル軌道の連続搬送用コンベヤ

製作背景

工場内で通路を確保するため、搬送物を一旦上昇させて通路の上を搬送させます。その後下降させて、次の工程へ搬送させます。処理能力が高い上、限られたスペースでの対応が必要でした。

マルヤス機械からのご提案

マルヤスの独自技術「クリップ駆動」を採用し、コンベヤの入口側と出口側に高低差をつけ、省スペースでスパイラル軌道の搬送を実現させたカーブベルトコンベヤ『GBCS』。その『GBCS』をベースとした特型コンベヤを複数台用いてスパイラル状に配置し、省スペースでの連続昇降搬送を実現させました。

  • 下り傾斜出口下り傾斜出口
  • 昇り傾斜入口昇り傾斜入口

注目ポイント!

現市場には内側半径が大きいタイプのスパイラル軌道コンベヤはありますが、今回ベースとなりました『GBCS』は最小内側半径205 mmと小さく、現市場では最小クラスです。

ベース機種

  • GBCS(スパイラルカーブコンベヤ) GBCS(スパイラルカーブコンベヤ)