クリップベヤシリーズ - 挟んで廻す!!クリップ駆動 マグネット技術のさらなる躍進

ブルドーザーを思わせる強力な駆動を実現!2つの「駆動ユニット」でベルトを挟み、しかも強力なマグネットの吸着力によってがっちりクリップ。

滑りやすいベルト面の状態に関わらず、ぐいぐいと廻るパワフルな走行を実現しました。

「面接触」の駆動により、ベルトへの負荷を軽減し、ロスのない高効率パワーを発揮。蛇行やはずれを未然に防ぐ簡単な構造は、ベルトの着脱も容易です。

ライン構成のメリットと特徴

カーブタイプ(GBC)は、3本の駆動ユニットと強力なマグネットの吸着で、水・粉・油によるベルトのたるみを解消。また、同じ容量のモータでも、よりパワフルに安定したコーナ搬送を実現します。

ストレートタイプ(GBS)はサイドフレームレス構造のため、フラットな状態で直角方向のトランスファ(乗り移り)が可能です。乗り上げや、ひっかかりなどの干渉が解消され、正確な移送が実現。ライン構築の応用性が大幅に向上しました。

また、カーブ・ストレート共にベルトの取り外しが簡単!ベルト交換や洗浄性などのメンテナンス性も抜群です。