FOOMA JAPAN 2017 マルヤス機械出展のご案内

FOOMA 2017 マルヤス機械出展

マルヤス機械 出展のご案内


ご挨拶

展示品のご案内

FOOMA JAPAN 2017 展示機構成
今回のFOOMA JAPAN 2017はRライン・Sライン・Tラインの3ラインで構成いたします。弊社標準製品とロボットを組み合わせ、実際の高速・高能力ラインを想定した総合プロデュースを構成します。また、ラインは幾つかのエリアに分かれており、お客様への搬送モデルを提案いたします。


Rライン … ロボットライン
Rラインでは大きく5つのエリアに分けて流れをPRします。
弊社標準製品を使用して搬送物の1列化を行い、画像処理ユニットで搬送物の向きを検出後、パラレルリンクロボットでトレー内へ整列させます。
トレー内の搬送物の取り出しや、空トレーの移載を垂直多関節ロボットで行います。
トレーの移載時にエアーバランサを用いて、垂直多関節ロボットの動作をアシストします。
各ポジションへの移動は垂直多関節ロボットが自走し、ハンドの自動交換を行いながら、複数の動作をロボット1台で行います。
その他、トレーの段積みや段バラシ、コンベヤリフトなどトレー搬送も行います。


Sライン … スパイラルライン
Sラインでは大きく2つのエリアに分かれて流れをPRします。
弊社標準製品、新規提案機種と、パラレルリンクロボットを組み合わせて、市場の省スペース化による搬送レベルの変更や、高速化を想定する移載ラインを提案します。
新規提案機種のGBC180°スパイラルカーブコンベヤで、搬送レベルの変更(高低差変更)を行います。また、新規提案機種の縦型サーボループスライダで表裏反転と受け取り・受け渡しレベル変更を高速で行い、パラレルリンクロボットで高速移載を行います。
その後、今年3月に発売しましたMFB面一(ツライチ)ベルトコンベヤを使用し、2列で受け取った搬送物の1列化を行います。


Tライン … 面一(ツライチ)ライン
Tラインでは今年3月に発売しました、MFB面一(ツライチ)ベルトコンベヤのみで構成したストックラインです。搬送物をコンベヤ上で無限ループさせ、一時バッファに使用する事が可能です。

その他、多数のコンベヤを用いて搬送ラインを構築して展示実演します。

展示ブースNo.

展示ブースイメージ

YouTube マルヤス機械オフィシャルチャンネル公開中! FOOMA JAPAN出展ラインをはじめ、マルヤス機械の製品動画を公開中。ラインの動作を動画でわかりやすくお伝えしています。

スマホからも動画をチェック! スマートフォンからは、こちらのQRコードでアクセスできます。(一般の携帯電話からはご利用できません)※動画サイトのため、パケット料金にご注意下さい。

ページトップへ